教科書

教科書。
小中学校の「義務教育」と呼ばれる9年間は、教科書という本を元に勉強します。
教師も、各教師の教育理念はあるとは思いますが、基本的に教科書の内容に添って、子供達に「社会で生きていく為に必要な事」を教えていくわけです。
日本だと、ごく当たり前の光景ですね。

教科書ってのは、各学年の教科1に対して1つの本が与えられ、それを勉強するわけですが、各出版社が様々な教科書を書いています。
1つの教科に対して、複数の教科書が存在するわけですね。
で、教科書選定は、各市町村の教育委員会や、学校によって、どの教科書を選ぶを決めるわけです。

という事は、違う学校では、違った教科書で勉強している可能性が十分あるわけです。
皆が皆、自分と全く同じ教科書で勉強する。という訳ではないのですよね。

前置きが長かったですが、ここからが本題です。

今年に入って、某出版社が発売した「新しい歴史教科書」という、中学生を対象とした歴史教科書が問題になってます。
何故に問題になったかというと、皆さんもご存知の通り、韓国や中国等の、先の戦争で旧帝国軍に侵略された国の人達が、「こんなの正しい歴史じゃない!」と、ぎゃーぎゃー騒いでいる訳です。

これについての詳細は、話が長くなるので、「若葉のアジア論」とでも題して、後日書きたいと思ってます。

「間違った歴史を、日本の子供達に教えるな」、「日本の侵略戦争を美化するな」、「侵略戦争に対して正式な謝罪しろ(お金くれ)」・・・その他にも、色々と言われましたねぇ。

色々な日本の識者(らしい)人からの反論もありました。
これは割愛させてもらいますね。

若葉が思うに、戦前の日本帝国の教科書のような、過激な内容であれば、騒がれても仕方がない。
とは思います。
ただ、問題の教科書を見てみましたが、そこまで目くじら立てて怒る問題かなぁ。なんて素直に思いますね。
問題にされている部分って、教科書のほんの一部分ですし。

国が違えば思想が違うのは当然です。
日本人好み(?)の教科書が、日本の教育の現場で使用されるのは当たり前だと思ってます。
日本には様々な教科書がありますが、中学生ともなれば、教科書に書かれていることが正しいかどうかを判断する能力は備わっているはずです。

諸外国に気を使って教科書を作るのは当然だと思います。ただ、他国から、これほどまでに長期間に渡り文句をいわれるのは、「内政干渉」以外の何者でもないと私は思うのですが。

皆さんはどう思いますか?

教科書から離れますが、私は韓国とシンガポールに行ったことがあります。
その時に「観光」なのに、「旧帝国軍がいかに悪いことをしたか」という事を「詳しく」説明している博物館に強制連行されました。
韓国では、大抵の小学生は、その博物館に足を運ばされるそうです。
シンガポールでは、観光目的専門の小島があるのですが、島の入り口のすぐ目の前に博物館がありました。
こういう所に足を運んだ現地の子供達は、日本に対してどんな感情を持つのか。
・・・考えるまでもないですね。

世界には様々な国があり、それぞれの国に教科書があるはずです。
他の国ではどんな教育(特に歴史観)をしているのでしょうね?すごく興味があります。

余談ですが、若葉には、高校生の頃に韓国人の知人がいましたので、韓国の歴史教科書を送ってもらったことがあるのですが・・・。
ハングル文字が解読出来ず、車庫の奥に封印してしまいました(^^;;
あの時、日本に対してどのような感情を「持たせるように」書かれているのか。その部分だけでも、翻訳しておけば良かったなぁ。と悔やんでも悔やみきれません。

<おまけ>
楓に「「若葉の想い」は、文章が長いよ~(笑)」。と言われたので、今回はかなり私の想いを省略して書いたのですが、今回の文章は、皆さんどう思われましたか?

<おまけ2>
「正しい歴史教科書」ですが、大ベストセラーになってしまいましたね。
ひょっとして、某出版社はこれを狙っていたのですかね?(^^;;
(2001/10/18)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)